<< 久しぶりの煙突そうじ 9年前の開墾の歴史2 >>

稲ってスゴイ!

今日、ストーブ用の薪を頂けるということで
TOKOさんとNOA号にチェーンソー、一輪車、斧、混合油、
潤滑油(キャノーラ油)、目立て道具一式を積んで出かけました。

40cmを超えるクヌギ(と思っていたら中がとても白くクヌギでは
なかった)と格闘。目立てをしっかりやっていったので、よく切れて
ましたが後半は、やっぱり切れ味が落ちてきましたが無事終了。
あと、NOA号に1回分は、ありそうです。1BOXカーもなかなかイイ。

行く途中で、1枚撮影。
家から200mほど下ったところの田んぼです。
今年から稲作をやめられて、休耕田になってましたがなんと立派に
稲穂が出来ているではありませんか。(ところどころ空いてますが)

b0304388_23401493.jpg


稲の切り株から青い芽が伸びている光景は、昔から見ていましたが
これが越冬して(?)実を結ぶとは。去年の今頃も近くの田んぼで
同じような現象を見ていました。
冬があったかくなったのか。稲が強いのか。
きっと、多年草なんでしょうね。何年くらい収穫できるのかな?
by 22902805 | 2013-10-13 23:42 | 里山暮らし
<< 久しぶりの煙突そうじ 9年前の開墾の歴史2 >>